運動を習慣化させて高血圧を防ぐ工夫

運動を習慣化させて高血圧を防ぐ工夫

運動は高血圧にとどまらずいかなる病気に
大しても有効であるという言われています。

 

忙しくて時間がなかったり、疲れていて
運動をする気力さえないという場合も
あり運動を継続するということは本当に
大変なことだと思います。

 

しかし運動が大切であるということは
誰もが認めている事実であり、いかにして
日常生活に習慣化させて取り入れるかという
工夫をすることが大切です。

 

ただ一度習慣化されると歯磨きのように
やらないとなんとなく気持ちが悪いという
状況になります。

 

この状況になってしまえばもはや運動は
実践して当たり前と言える状況になった
と言えます。

 

めざすはこのレベルです。

 

私も社会人になってから運動不足が気に
なっていて、いかにして習慣化するかに
ついて工夫を凝らすようにしています。

 

実際に私がどんなことを実践しているか
についてシェアします。

 

まず建物の中ではできるだけエレベーター
には乗らずに階段を歩くようにしています。

 

確かにエレベーターというのは楽ですし
時間の節約にも繋がるというのは事実
なのですが、やはり運動量にすると、
階段を歩くことに較べると圧倒的に
少ないのは事実です。

 

また自宅にいるときはとりあえずテレビを
つけるという事を止めるようにしています。
一度テレビをつけると、おやつをたべたり
寝転んだりと肥満の原因になるようなこと
をしてしまう恐れがあるからです。

 

ちなみに自分の部屋からテレビは排除する
ことに成功しました。

 

いざテレビがなくなっても生活には何ら
支障をきたさないということがわかった
というのも非常に大きな教訓でした。

 

またウォーキングというのもできるだけ
実践するようにしています。

 

格闘技などの激しい運動というのは一見
血圧対策に効果がありそうですが、無理
をすることによって逆に血圧を上げてしまう
というリスクが否定できないからです。

 

マイペースにウォーキングを楽しむという
のを習慣化すると結構楽しめます。

 

実際に運動をしてみてわかったのですが、
運動というのは実践すればするだけの
効果が期待できるということです。

 

努力が報われるということを考えると
実践する価値はあると思います。